今年の秋アニメの中で、目ぼしい作品の1話はおおむね見たので、感想を書きたいと思います。
基本的に「ニコニコ動画」や「GYAO!」の配信で見ているので、感想が遅くなりがちですが……。


「ネト充のススメ」
期待通り、主人公のキャラが残念でいい感じです。
他にもよさげな作品があるので、見続けるかどうかは検討中ですが……。

「URAHARA」
少々大雑把な展開で、シュールで独特の雰囲気があって、いい意味で頭が柔らかくなりそうです。
一応見続けたいと思います。

「つうかあ」
このアニメのおかげで、「ニーラー」という乗り物があるのを知りました。
少女二人が主人公のスポ根な雰囲気や、しっかり取材して作っている感じにそそられますが、これも見続けるかどうか迷っております。

「ラブライブ!サンシャイン!!」
この記事を書いている時点で、もう第二話まで見ております。
学校側はすでに廃校決定、という点で、主人公たちにとってのハードルが無印より上がっている一方、さんざんドタバタした上で彼女らが答えを見つける、という流れは正しく無印を受け継いでいる、と思います。
無印と同じ長さになるなら、そして仮に劇場版をやらないとしたら、このシリーズも(少なくともアニメは)今クールで終わってしまうのがさみしいです。
無印のように、劇場版公開までこぎつけるかどうかは置いておいて、見続けたいです。

「このはな綺譚」
最初の期待通り、和風の優しくて暖かい雰囲気が味わえました。
すでに言われているかもしれませんが、「きらら」系とジブリアニメを足して二で割った感じでしょうか……?
癒しのために、見続けたいと思います。

「血界戦線 & BEYOND」
人がむごく死にまくる人類滅亡レベルの騒動をハイテンションなギャグで描いていて、爆笑しました。
見続けたいです。

「ブレンド・S」
「きらら」作品には珍しく、主人公の恋愛対象になりうる男キャラが出てきて、なおかつギャグも「きらら」作品の中ではどぎついほうだと感じました。
「このはな」とはまた違う癒しを求めて、見続けたいです。

「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」
自分は、原作をすでに読んでいる作品のアニメはあまり見る気をせず、逆にアニメで見た作品の原作もあまり読む気がしません。つまり、基本的に一つの作品は一つのメディアで見れば満足するのですが、このアニメは原作を読んでいても面白く感じました。
主人公たちの旅の風景や、彼女(一応言っておくと、主人公は女の子です)らが訪れる不思議な国の雰囲気を、基本的には淡々と、時に不気味な雰囲気で描いていて、原作をうまくアニメに落とし込んでいる、と感じました。
基本的に、原作の一章分につき一話使うようです。「キノの旅」は一章の中でもテーマや起承転結がはっきりしていて、(他の作家さんへの失礼を承知で言えば)他のラノベ一冊分くらいの内容があるので、今回のアニメのような、じっくり丁寧に描く作り方が合っていると思います。

「少女終末旅行」
事前にマークしていなかったのですが、滅んだ世界を女の子二人がまったり旅するというインパクト、それに「ストライクウィッチーズ」「ガールズ&パンツァー」などの軍事考証に携わった鈴木貴昭氏が関わっているということで、見てみました。女の子(たち)が旅するという点で、「キノ」と被っている気がしなくもありません。
女の子二人が「きらら」作品のようなほのぼのしたやり取りをしながら生きている姿が、廃墟の街や兵器のがらくたばかりの終末観たっぷりの世界の美しさを際立たせていました。
ぜひ見続けたいです。

以上、感想でした。
基本的に今クールは、オリジナルアニメは見ず、原作付きのものばかり見ることになりそうです。
これらの作品が、自分の「養分」になることをそして、この記事が本ブログのアクセスを稼げることを祈っています。