長いこと更新をさぼっていたため、久しぶりに記事を書きたいと思います。創作にも役立つ内容だと考えるため、これも「創作論」にカテゴライズします。
今回は、自分が日ごろ行っている体調管理法についてです。少しでもプライベートについて明かす記事は書きたくなかったのですが、そんな恐怖や恥ずかしさを振り切らなければ読者の役に立つコンテンツは提供できない、つまりブログのアクセスが伸びない、という危機感があります。よって、思い切って私生活(のごく一部)をここに晒してみます。


体調管理とはいっても、自分は運動・栄養・睡眠といった基本を大事にしている程度です。

まずは運動。
朝起きたら、朝食を取る前に運動しています。具体的には、ヒンドゥープッシュアップ(柔道でいう「擦り上げ」)を百回連続、相撲の「四股」を(片脚につき一回と数えて)五十回連続で。
特定の筋肉に負荷をかける「筋トレ」というよりは、全身に負荷を分散させて楽に動くトレーニングとして行っております。身体が軽く疲れる程度の回数を連続で行う、つまり筋肉の力みに頼れない状態を作ることで、リラックスした動きの練習になります。
これらの運動を朝一番に行うと、特に午前中は頭がしゃきっとします。また、先述したように、筋トレではなくリラックスして楽に動くためのトレーニングなので、肩こりや腰痛などの予防になるほか、単に立ったり座ったり歩いたりといった日常の動作も、ぐっと楽になると感じております。
他にも、長時間パソコンに向かって疲れたら、ストレッチをしたり、歌を歌ったりするなど、パソコンから離れて軽く体を動かしています。朝に運動しても、その後パソコンでの作業をし続ければ、集中力が落ちたり腰を痛めたりするので……。

次に栄養。
基本的には、たんぱく質をしっかり摂り、炭水化物を控える、ということを重視しています。それと、蜂蜜でビタミンやミネラルを補うことも。
まずはたんぱく質。夕食はもちろん、朝食でも、お肉をしっかり食べることにしています。特に最近は、前の晩に卵焼きを作って、朝に食べることが多いです。昼食にも、豆腐やチーズやサラダチキンなど、たんぱく質が摂れるものをよく食べています。
次に炭水化物。自分はあまり厳密な糖質制限はしていないので、朝食と夕食の主食として、ご飯一杯ずつくらいは食べますし、先述したように蜂蜜も摂っています。もっとも昼食には、炭水化物を完全に抜いています。一日のうちでの炭水化物の食べ方には色々な意見があると思いますが、個人的には、昼に炭水化物を抜くと、午後に疲れにくくなると考えています。
たんぱく質やビタミンやミネラルをしっかり摂ることで脳がしっかり働き、炭水化物を控えることで、一日中疲れにくくなる、と感じております。

※2018年3月19日追記
この記事を公開した少し後から、卵焼きは朝に作るようになりました。夜にはどうにもてきぱきと作れません……。
それと最近、お昼にサラダチキンを食べなくなりました。それだけだとエネルギーが少なすぎて腹持ちしないので……。
その代わりに食べているのは、少し大きめのサバ缶です。結構満腹できて、夕食までの間しっかり腹持ちします。ただ、それも以前二日に一回のペースで食べていたとき鼻血が出やすくなったので、なるべく三日に一回程度に抑えるようにしています。
それで最近、お昼が豆腐→チーズ→サバ缶のヘビーローテーションになっているのが少し心配ですが、現在自覚している限りでは体調はいいです。

最後に睡眠。
自分はなるべく、夜はパソコンを使わないようにしています。どうしてもだらだらとネットを見てしまって眠れなくなる上に、眠れたとしても睡眠の質が悪くなるからです。
そして寝る前一時間くらいは、極力何もせず座ってぼんやりするようにしております。自分は寝付けない時は本当に寝付けず、瞑想して気分を落ち着けても安眠効果のあるツボを刺激しても、何をしてもなかなか眠れないことが何度もありました。そういう時は、だいたい寝る前から頭が冴えてしまっているため、そもそも布団に入る前から脳を休めておくのが最強だ、と最近分かりました。
上記を守った上で、一日八時間ほど睡眠を取ると、翌日に疲れが残りにくくなります。


以上三点を守ることで、自分は日々健康に過ごしている、と自負しております。もっとも、色々な情報を参考に自己流でやっていることであり、個人にとって合う合わないはあると思うので、試される際は自己責任でお願いします……。
創作活動やアフィリエイトといった頭脳労働においても、肉体的な健康があれば基本的には能率が向上するため、この記事が読者様の体調管理の参考になれば幸いです。いまだに大した実績を挙げていない人間の記事ですが。