今流行り(?)の仮想通貨に、自分も関心を持っています。歴史的に見れば、お金は少しずつ情報だけの存在に近づいているため、デジタルな情報だけの「お金」が次の主流になってもおかしくない、と考えるからです。
 とは言っても、自分自身はいまだに一単位も仮想通貨を持っていません。仮想通貨そのものを、投機的な目的で欲しいわけではないからです。
 自分はあくまで小説書きでありたいので、朝から晩まで仮想通貨の値動きに一喜一憂したり、新しい有望な銘柄を探し回ったりするような生活はしたくありません。


 なら、仮想通貨にどういう関心があるのかと言うと、仮想通貨が関連した、小説の新たなビジネスモデルがないか、と考えています。
 よって昨日、仮想通貨建てで小説を売るプラットフォームが何かないか調べたり、そこから考えたりして、次のようなサービスができたらいいな、と思いました。安直な発想なので、誰かがもう思いついているかもしれませんが……。
 例えば、仮想通貨建てで販売した小説やその内容紹介を、読者の好きな言語に自動翻訳してくれるサービスです。
 日本語で書いた小説を日本円建てで売っても、日本語が分かる人に向けて日本国内でしか売れません。しかし、自分が思いついた先述のサービスがあれば、出版社や翻訳者を介さなくても、世界中の人に対して自作の小説を売りやすくなります(競争相手の範囲も世界中にまで広がるので、競争がより激しくなるかもしれませんが)。


 そうしたシステムの開発を、どこかに依頼しようかとも考えました。しかし、数十万円~百万円単位でお金がかかるらしく、十分な原資を持たない現状では断念しました。よって、そういうサービスの登場をおとなしく待っている間、今使える手段で稼ぐことにします……。
 他力本願で情けないのですが、誰かがそういうものを作ってくれないかなあ……と思います。あるいは自分が知らないだけで、そういうものがすでにあるなら、情報提供いただけると助かります。
 先述したように、すでに誰かが考え付いているかもしれず、あるいは作り始めているかもしれませんが、とりあえず思いついたアイディアをここに残しておきます。