カテゴリ: 漫画・ラノベ・アニメ・映画など感想

今年の秋アニメの中で、目ぼしい作品の1話はおおむね見たので、感想を書きたいと思います。
基本的に「ニコニコ動画」や「GYAO!」の配信で見ているので、感想が遅くなりがちですが……。


「ネト充のススメ」
期待通り、主人公のキャラが残念でいい感じです。
他にもよさげな作品があるので、見続けるかどうかは検討中ですが……。

「URAHARA」
少々大雑把な展開で、シュールで独特の雰囲気があって、いい意味で頭が柔らかくなりそうです。
一応見続けたいと思います。

「つうかあ」
このアニメのおかげで、「ニーラー」という乗り物があるのを知りました。
少女二人が主人公のスポ根な雰囲気や、しっかり取材して作っている感じにそそられますが、これも見続けるかどうか迷っております。

「ラブライブ!サンシャイン!!」
この記事を書いている時点で、もう第二話まで見ております。
学校側はすでに廃校決定、という点で、主人公たちにとってのハードルが無印より上がっている一方、さんざんドタバタした上で彼女らが答えを見つける、という流れは正しく無印を受け継いでいる、と思います。
無印と同じ長さになるなら、そして仮に劇場版をやらないとしたら、このシリーズも(少なくともアニメは)今クールで終わってしまうのがさみしいです。
無印のように、劇場版公開までこぎつけるかどうかは置いておいて、見続けたいです。

「このはな綺譚」
最初の期待通り、和風の優しくて暖かい雰囲気が味わえました。
すでに言われているかもしれませんが、「きらら」系とジブリアニメを足して二で割った感じでしょうか……?
癒しのために、見続けたいと思います。

「血界戦線 & BEYOND」
人がむごく死にまくる人類滅亡レベルの騒動をハイテンションなギャグで描いていて、爆笑しました。
見続けたいです。

「ブレンド・S」
「きらら」作品には珍しく、主人公の恋愛対象になりうる男キャラが出てきて、なおかつギャグも「きらら」作品の中ではどぎついほうだと感じました。
「このはな」とはまた違う癒しを求めて、見続けたいです。

「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」
自分は、原作をすでに読んでいる作品のアニメはあまり見る気をせず、逆にアニメで見た作品の原作もあまり読む気がしません。つまり、基本的に一つの作品は一つのメディアで見れば満足するのですが、このアニメは原作を読んでいても面白く感じました。
主人公たちの旅の風景や、彼女(一応言っておくと、主人公は女の子です)らが訪れる不思議な国の雰囲気を、基本的には淡々と、時に不気味な雰囲気で描いていて、原作をうまくアニメに落とし込んでいる、と感じました。
基本的に、原作の一章分につき一話使うようです。「キノの旅」は一章の中でもテーマや起承転結がはっきりしていて、(他の作家さんへの失礼を承知で言えば)他のラノベ一冊分くらいの内容があるので、今回のアニメのような、じっくり丁寧に描く作り方が合っていると思います。

「少女終末旅行」
事前にマークしていなかったのですが、滅んだ世界を女の子二人がまったり旅するというインパクト、それに「ストライクウィッチーズ」「ガールズ&パンツァー」などの軍事考証に携わった鈴木貴昭氏が関わっているということで、見てみました。女の子(たち)が旅するという点で、「キノ」と被っている気がしなくもありません。
女の子二人が「きらら」作品のようなほのぼのしたやり取りをしながら生きている姿が、廃墟の街や兵器のがらくたばかりの終末観たっぷりの世界の美しさを際立たせていました。
ぜひ見続けたいです。

以上、感想でした。
基本的に今クールは、オリジナルアニメは見ず、原作付きのものばかり見ることになりそうです。
これらの作品が、自分の「養分」になることをそして、この記事が本ブログのアクセスを稼げることを祈っています。

 少し前ツイッターにも書きましたが、最近ハッピーシュガーライフ(以下「ハピシュガ」)を読みました(アニメ版は見られていないので、原作を八巻まで)。かなりはまって、いろいろ語りたくなりました。
 一応内容を簡単に説明しておくと、愛を知らなかった女子高生・さとうが親に捨てられた幼女・しおを拾って、彼女との同棲生活(というか軟禁)を守る話です。心から愛しあっているさとうとしおのラブラブぶりと、その甘い生活を脅かす者たちへのさとうの容赦のなさ・それでも彼女らの生活が崩れてしまいそうなスリルとのギャップがすごいです。
 作者さんは単純に、描きたい「愛」の形を描いただけだと思います。しかし自分は、ハピシュガから勝手に、これからの時代への示唆を読み取りました。そのことについて、書いてみます。


 自分がハピシュガを読んで強く感じたことは、


 社会への強い不信感


 です。
 同作の世界観は、一応は平和な現代日本です。しかし、登場するキャラクターが(さとう自身も含めて)頭おかしい・やばい人ばかりで、主人公の周りはあまり平和とは言えません。
 そもそもさとう自身、幼女を軟禁したり、二件の殺人(一件はぎりぎり正当防衛?)と死体の損壊や遺棄をしたり、他にもいろいろ人を傷つけたり騙したり利用したりしています。法に照らせば、彼女は
かなり悪質な犯罪者です。つまり、自業自得とはいえ、さとうは大人や公的機関などの「社会」を頼れない状況にあります。
 加えて言えば、さとうもしおも、家族という最小の「社会」からまともな愛情を受けずに育ってきたため、お互いしか本心から愛して支え合える相手がいないのです。


 しかし、さとうは安直なヤンデレとは違って、しおを全肯定し、(軟禁していることを除けば)優しく愛しています。そしてしおも、そんなさとうを実の家族よりも愛しています。
 そして自分が読んだところまでだと、さとうはある程度心を許していた友人を口封じに殺してしまい、海外逃亡を企てます。その過程でなんとしおは、彼女を共犯者として支える覚悟さえ固めてしまうのです! 主人公たちが、まともに社会復帰できない状況にどんどん突っ込みながらも、自分たちの愛を貫き続けるのです。


 二〇一〇年代(テン年代)前半に出てきたフィクションの多くでは、主人公たちが困難で予測不可能な状況と戦うことになっても、彼らが帰るべき「社会」はかろうじて存在していたように感じます。しかし以上で語ったように、ハピシュガの主人公二人は、とても普通には社会に帰れない状況にいます。
 そして、ややこじつけ臭くなりますが……。自分も最近、今の社会への不信感を強めています。日本の財政赤字には解消の道筋が見えませんし、国際情勢も不安定化していく一方で、今自分が生きている社会が根底から崩壊してしまう兆候を、感じざるを得ないのです。
 最近の自分も、今の社会に対して不信感を持っています。だからハピシュガという、社会を信じられない少女と幼女の物語がうまく「はまった」のかもしれません。


 ハピシュガの作者さんも、商業作品を描いている漫画家さんである以上、社会のルールを守って「まっとうに」生きている社会人であるはずです。ハピシュガの作中でも、さとうたちが何らかの裁きを受ける結末はありうると思います。
 また自分も、できるだけ今の社会のルールに従って「まっとうに」生き続けたい、と思います。よって本記事では、「社会の法を犯してでもやりたい放題やっていい!」と言いたいわけではありません。
 しかし今、その社会さえも消し飛んで、頼れるものが徹底的に失われてしまうかもしれない。そういう不安を自分が持っていることを、再度強調しておきます。
 ならば今我々に問われているのは、今の社会が崩壊してしまっても生き抜く術。そして、他の全てが失われても、自分にとって大切なものを守る術を考えることかもしれません。