ものすごく今更感がありますが、最近ツイッターでつぶやき始めました(アカウント自体は去年に取っていたのですが、ツイートの投稿を始めたのは今月からです)。
 毎日ちょこちょこつぶやいて、フォロワーさんを集めるためにいろいろ試行錯誤しつつも、現在ほとんど成果はありません。それでも、このブログの宣伝のため、そして電子書籍などの有料コンテンツを販売する際の宣伝のためにもツイッターを続けたいと、今のところ思っております。


 それと、ツイッターを始めてよかった、と思うことが一つあります。それは「自分を発信する」ことに対して、前より少し気楽に構えられるようになったことです。
 今まで自分は、小説投稿サイトでのコメントやこのブログでの記事執筆などの際、「事実関係に間違いはないか」「著作権侵害や何かの規約違反をしていないか」「こんな記事書く意味あるのか・こんなこと書いたら叩かれないか」などの心配で常にびくびくしていました。特にブログでは、そうした恐怖に負けて投稿自体を諦めてしまうことも何度かあり、いつしかサボるようになっていました。
 それに対して、ツイッターは短文の投稿が主であり、なおかつRT(リツイート)やいいねなど、他のユーザーさんと交流するための機能も充実しているため、本当に「独り言」や「おしゃべり」のような気軽な感覚で投稿しやすいです。もちろんつぶやく際にも最低限の配慮はしているつもりですが、ツイッターのおかげで、ネットに自分の考えを発信するときの恐怖がほぐれてきている、と感じます。
 よって今後、ブログをもう少し気軽に書けるようになるかな……と思います。


 去年から最近まで自分は、アフィリエイトブログや電子書籍、ツイッターなど、「新しいことを始める」積極性をやっとこさ身に着けつつあると感じます。その中で、少なくともブログやツイッターは今やレッドオーシャン(すでに競争が激しい世界)だと考えるため、どちらも今更入ってきた自分には勝ち目が薄いのではないか、と思っています。
 しかしながら、今年はどこかブルーオーシャン(まだ競争相手が少ない世界)に進出して、勝てる可能性を探りたい、と考えます。