「もういい加減、地底なんか行くな!」
 先日地底に行った、三日後。私と一緒に下校中、ももせは腕組みしてぷりぷりと怒っていました。
「この前もその前も、あんたが家に帰らないのに家族に連絡もしないんだから、あたしはフォローするのに大変だったんだからね!」
「ごめんよー、ももせ……。なんかおごるから、勘弁して……」
 私は両手を額の前で合わせながら、へこへこと頭を下げます。
「……またあたしに苦労かけても、それで許してもらえるって思ってるでしょ? 今日も地底行く準備ばっちりしてるし」
「うっ」
 彼女の言う通り、私は今まさに地底行き用のジャージ姿で、例のマンホールから地底の「王国」の「王女」・サインが現れれば、すぐにでも彼女の「国」・アツパーユに行けます。
 そして、ちょうど私たちはそのマンホールのそばを通りかかっていて、その蓋が動いていたので、
「あー、またサインかな……。ちょっと話だけでも聞いてくる!」
 ももせが「ちょっと未来!」と引き留める声を振り切って、私はマンホールの蓋をずらします。
「未来! 助けてください! またムリラが……!」
「あいよっ! またちゃっちゃと片付けて、ガールズトークしようぜっ!」
 私がサインの頼みに二つ返事で応じると、ももせにがっちりと手首を掴まれました。
「待ちなって! あたしの話、聞いてなかったの?」
「聞いてたよ! 聞いた上で行くんだよ! ももせになんて言われても、サインが困ってるのにほっとけるか!」
 私が言い返すと、足元からは「未来……?」と、サインが戸惑う声が聞こえます。
 一方、ももせは数秒間むすっとした顔で私とサインを見比べてから、
「……そこまで言うなら、見極めてやろうじゃん。未来がそんなに会いたがるお友達と、その『国』のことを。あたし、的野屋(まとのや)ももせ。よろしくね、サインちゃん」
 少し嫌味っぽい笑顔とともに、サインに自己紹介するのでした。


 地底に潜ってから、ももせはとにかく文句たらたらでした。
 私やサインと一緒に下水道を歩いているときは、
「うえぇ……。臭い……。汚い……」
 そう言いながら鼻をつまみ、汚れた制服をつまんでいました。
 アツパーユに入り、ムリラたち(今回は初心に帰り、シンプルに数で押してきました)を私が十分で片付けた後は、
「……そんなにしょっちゅう反乱者に脱獄されるって、この『国』やばくない?」
 そっと私に耳打ちしてきました。
 そして、そこらじゅうで地べたにごろごろしているか遊んでいるかばかりの「国民」たちを見た時も、
「……この人たち、本当にあたしたちと同じ人間なの?」
 肩をすくめながら、私にだけ聞こえるように言いました。


 ももせが不満ばかり垂れるので、
「うるさいな! そんなに文句ばっかり言うなら、とっとと帰れ!」
 私は、両拳を突き上げて子供っぽく怒りました。するとサインが、すっとももせの前に立って、
「あの、ももせ……。我が国がお気に召さなかったというなら、申し訳ありません……。それに、私のせいで、我が国のせいで、未来とご友人の関係が壊れてしまうことにも耐えられません……。未来さえよければ、今日のところは彼女と一緒にお帰りください……」
 彼女の手を握りながら、じわりと涙を浮かべるのでした。するとももせは、
「……まあ、せっかく来たんだし、もうちょっといてもいいかな」
 しぶしぶといった表情を浮かべながら、そう答えました。


 食料調達の時間になり、(それを腹時計で知った)サインが、「国民」たちに声をかけて回ります。私は手伝うために、ももせは見学のために、サインに付き添います。
 その途中、親たちに「やだー! 食べ物取りに行くのやだー! もうちょっと遊びたいー!」とぐずっている子供たちがいました。サインは子供たちと、彼らを無理やり引っ張っていこうとしていた親たちの間に入り、
「確かに、人は遊んでばかりでは生きられません。だけど、生きるのに必要な責任を果たすのは、その人自身の中に自覚が生まれてからでないと、意味がないのです。……だから今日は、この子たちを遊ばせてあげてくれませんか?」
 親たちにそう言って、頭を下げました。親たちが慌ててぺこぺことお辞儀を返して、子供たちが「ありがとー! お姫様ー!」とサインに抱き着く中、
「…………」
 ももせも、何かを思った様子で、サインを見ていました。


 地底の不潔さや空気の悪さにももせが体調不良を訴えたので、私は彼女を送って帰ることにしました。
「ごめんよー、サイン……。今度はもうちょっとゆっくりするからさ……」
 私はももせの背中をさすりながら、微笑みとともに手を振るサインに見送られながら、アツパーユを出ました。
 私とももせは、一緒に下水道を歩きながら、
「……未来が何度も地底に行く理由、分かった気がする。あのサインって子、いい子じゃん。大事にしなよ」
「偉そうに。言われなくてもそうするよーだ。……まあ、ももせには、もうちょっと迷惑かけないようにしたいかな」
 そんなやり取りをして、地上に帰りました。