前回地底に潜ってから、もう一週間ほどサインが現れていなかったので、
「何もなさ過ぎて、逆にサインが心配だ! ちょっと様子を見てくる!」
 下校中、例のマンホールのそばを通ったとき、私はももせに宣言しました。
「……とか言いつつ、本当はあんたがその、サインって子に会いたいだけじゃないの? そんな準備万端で」
 確かに、ももせの言う通りです。私はこの一週間、汚れてもいいジャージ姿で登下校していました。またアツパーユに行っても、制服を汚さないためです。おまけに、一晩過ごすことを想定して、身体を拭くためのウェットシートと、持ち歩きやすい栄養食品も用意しています。つまり、サインに会いに行く準備はばっちりだったので、
「それは否定しない! というわけで行ってくる!」
 蓋をずらして、誰もいないマンホールに潜るのでした。
「今回は早く戻ってきなよ! この前、あんたが帰らないのをおばさんにごまかすの、大変だったんだから!」
 ぷりぷりと怒る、ももせの声に追いかけられながら。


 隠し扉をくぐってすぐの、あの大広間に入ると、そこは大勢の人が集まって騒がしくなっていました。その一角には、金のショートヘアとロングスカートのワンピース姿の女の子、ムリラ・スカベンジャーがいて、彼女から数メートル離れたところには銀のロングヘアと作業着姿の女の子、サイン・フォンドゥ・アツパーユがいます。さらにムリラの足元には、サインのお父さんである王様がはいつくばっていました。
「ふはははは! 王の座を私に譲るがよい、国王、そしてサインよ! 我がスカベンジャー家が代々秘めていたこの核弾頭で、国のすべてを吹き飛ばされたくなくばな! 手始めに服従の証として、大勢の国民の前で靴を舐めてもらおうか!」
 どうもそのパフォーマンスのために、ムリラはサインや王様や他の「国民」たちをここに呼び集めたようです。
 彼女の手元には、バスケットボールほどの大きさの、丸っこい塊がありました。しかし、ぼこぼこの金属板で覆われた表面が、どうにも手作り感を漂わせています。駄目押しするように「核 危険」と手書きされた文字も、ある種の哀愁すら感じさせました。
 それが核弾頭だと真面目に信じているらしく、広間に集まった人々やサインは、みんなその顔に戦慄を浮かべています。
 しかし王様だけは、
「父として、王として、情けない姿を見せることを許してくれ、サイン……! これは民を守るためなのだ……!」
 などと言い訳してから、舌を出してムリラの靴に口を近づけていきます。よく見たらはあはあと息を荒げていて、ムリラに屈服させられかけているこの状況を楽しんでいるのは明らかです。つくづく変な趣味のある人ですね。
「お父様……!」
 サインが、見たくない、と言うように両手で顔を覆ったので、
「やめろ!」
 私は、ムリラと王様の両方に向けて叫びながら、
 だだだだだっ! ばきっ!
 ムリラに駆け寄り、驚きを顔に浮かべた彼女を問答無用で殴り倒します。その際、ムリラの「ぐはぁ!」という悲鳴とほぼ同時に、王様の「ちぇっ」という残念そうな舌打ちが聞こえました。
 ムリラが倒れながら取り落とした「核弾頭」は、地面に落ちるなり外側の金属板をばらけさせて、中に入っていたただの岩をさらけ出しました。


 今回は脱走したのがムリラ一人だけだったので、おそらく今までで最短で、彼女の反乱が片付きました。ムリラ曰く、今回は獄中でじっくり作戦を練っていたそうなのですが、それがあのずさんな脅迫だとは……。
 ともかく、ムリラを牢屋に入れて、もともとの用件のため、つまりサインに会うために玉座の間に行くと、
「未来……! 今回も、また助けられました……! 何とお礼していいやら……!」
 ぎゅーっ!
 感涙したサインに、抱き着かれました。私は少し困惑しながらも、彼女を抱きしめ返します。
「あ、ああ……。別に、お礼とかいいよ。今回も大したことなかったし……。それに、私もサインに会いたかったしさ」
「私も……! 未来に、会いたかったのです……! ですが、王女として、先日のように私用で国を出ることはあまり繰り返せなくて……! それなのに今回、未来は私が困っているときに、ちょうど現れてくれて……! あなたは、私の英雄です……!」
「…………」
 サインの中で、すっかり白馬の王子様になっちゃったなぁ。そういう感慨を覚えながら、私はサインを落ち着かせるために、彼女の背中をさすります。
「そうだね……。じゃあまた、泊まろうか? しばらく来なかった分の埋め合わせにさ」
「はい! 今度は、我が国の歴史についてじっくりお話ししますね!」
 サインは私から身体を離して、手を握ってきます。
「ああ、それよりも今は……。女の子同士の話を、したい気分かな」
 私は丁重にお断りしながらも、サインの手を握り返しました。その温かさを、いつまでも忘れたくない、と思いました。
 そして、それをにやにやしながら見ている王様のいやらしい目つきは、今すぐ忘れてしまいたい、と思いました。