この記事も創作のモチベーションに関わることなので、
創作論に入れたいと思います。
無理やり創作論扱いしている記事ばかりな気がしますが。

最近では時雨沢恵一氏が、代表作「キノの旅」の再アニメ化決定を喜んでいたり、
今やっているアニメ「○ロマンガ先生」(一応伏字にします)の主人公も、
アニメ化された自作を妹と一緒に見るという夢を掲げていたりしますが、
自分自身も、自らの作品が受賞して人気作になった場合を妄想して楽しむことはあります。

具体的には、例えば自作がアニメ化した場合、このキャラにはこの声優を当てて欲しいとか、
基本的には一章につき一話でやってほしいが、この章は二話に分けて欲しいとかのオーダーを
原作者としてアニメスタッフに出したり……。

このブログをやるにあたっても、ブログの収入だけで、一日一記事書く以外はのんびりして
生活できたらいいな、という甘い夢を原動力にしている部分はあります。

書くこと自体の楽しさが、創作の一番のモチベーションだとは思いますが、
それ以外の欲も適度に燃料にすればいいかな、と思います。